≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 母なる紀ノ川に架かる橋

<<   作成日時 : 2018/09/11 22:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

こんばんは。
楽しみにしていた信州旅行は行く先々で雨にたたられ、メインにしていた白馬方面の
ウォークは中止。1日早く帰る羽目になりました。
天気=自然は難しいですね。我々人間の思うようにならない。
地震しかり、台風しかり、オヤジは違いますけれど・・・。

和歌山市に入りまして、格が違うと言うと差別の様ですが素晴らしいです。
最初の頃に指摘を受けましたが、長さは一番です。

画像

左岸より撮影

     川辺橋(かわなべはし)
                 型式 :連続トラス
                 橋脚P: 7
                 所在地:和歌山市
                 施工年: 1984年(S59年)7月
                 橋長 :  755.5b
                 幅員 :  12.0b
     ( 注: 県下では最長橋梁です)


画像

実はこの辺には大変多くの渡しがありました。
前回の岩出橋は、江戸時代の殿様の参勤交代の時には使いまして宿泊されました。
岩出橋より下流に来ますと勝手にというと変ですが、人が多いので橋のない時代には当然
渡しを利用することになります。(もちろん橋ではなくその近くにあった渡しを使いました。)
小倉(おぐら)の渡し、吐前(はんざき)の渡し、川辺の渡し、布施屋(ほしや)の渡し、田井ノ瀬(たいのせ)の渡しというのがありました。
勉強不足で失礼しますが、公認、未公認かどうかは分りませんが人が紀ノ川を渡る必要があり利用したと思います。

タイトルにある川辺橋は北側には大阪との府県境の雄ノ山(おのやま)峠を越えて和歌山に入ってくる熊野古道がありました。その古道を歩いてこられた方々が、渡し船をを使ったと思
います。
テーマが違いますので省略いたしますが、今と違い峠に立ちますと紀ノ川の流れと紀州の
風景が広がるわけです。
王子跡も多いですよ。

ここで又ちょっと脱線を致しまして聞いて下さい。
紀州・和歌山の3番目の藩主としてやってこられた方は、徳川家康の10番目の息子頼宣(よりのぶ)さん。はるばる駿府から父と別れ、長旅で雄ノ山峠に来て何を思ったのでしょうか?
(失礼!家康公は3年前に亡くなっていますが、存在感は将軍の秀忠よりも上でした。)

頼宣「いやだ!いやだ!わしはこんな田舎には来とうない!」
付家老A「若様、そんな無理をおっしゃっては困ります。お父上様は何と思うでしょうか?」
付家老B「若殿、この紀州は駿河と同じように海があり温暖ですよ。」
付家老C「若殿お父上様から頂いた2000銀(がん)を使い、思うようになされてはいかがですか?」
頼宣 暫く黙っていたが、座っていた床几を蹴飛ばし、「わしはやるぞ!」
という会話が交わされたかどうかわかりませんが、あくまでも私の推測です

熊野古道を歩かれる方は、ほぼ南に歩き、吐前の渡しの方に向います。
熊野古道を歩かれる人の為に作られたのが九十九王子跡だったと思います。
熊野詣での旅に来た方々は難行苦行の末、約300`の険しい山坂と踏破したことでしょう。
その道筋にある王子跡は、休憩所や宿泊所を兼ねた神社があったと思います。


頼宣公の一行は、峠を下り西側にある和歌山城に向ったでしょう。(1619年の事です)

画像

画像

画像


画像

この左岸より写した川辺橋ですが、その昔R24号線と呼ばれ交通量が多い道でした。
それとちょっと書きましたが、江戸時代はこの道を歩き参勤交代に出たという名残が多くあり、私達もお城を出てから1里塚という場所まで、お客さんを案内して歩きました。

国道が右岸の方に移り、しかも京奈和道路という高速道路が国道より北側に走るようになり、昔の面影はありません。

思い切って熊野古道を歩く人の為に、紀ノ川を舟で渡ると言った”おもてなし”があってもよいと思うのですが・・・・。          続く





テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん お疲れ様です。信州旅行の早帰り、勿体なかったですね。ついに川辺橋、でてきましたね。古道歩きの時に徒歩で渡りましたが、高さが有って怖かった思い出が(笑)。山中谷を抜け、この橋を渡って布施屋に至りました。懐かしい橋ですよ。(^^♪
y&m
2018/09/12 07:39
y&mさん、こんにちは。
この川辺橋は有名です。
長さだけでなく、国道並のスケールです。
今でも大阪府の山中渓駅から
熊野古道を歩かれる方に
お会いします。
藤白峠まで大変です。
途中にある矢田峠は、
一部魅力があります。

市内の橋はあまり
面白くなく、打ち切りたいですね!
セラ吉
2018/09/12 12:11
てるてる坊主の御利益無かったのですね🎵天気、天災は、致し方無い、お疲れ様😌💓
川辺橋は、立派😃布施屋は、ほたる狩りに行きましたよ✨
渡しの話は、面白い‼
翔女
2018/09/12 17:18
セラ吉さん、こんばんは~♪
折角の信州旅行だったのに悪天候で残念でしたね。
でも雨は雨なりに情緒はあったのでは?
お土産話を楽しみにしています。
いわれてみれば、紀ノ川には観光遊覧船がないですね。
のん
2018/09/12 20:55
翔女さん、こんばんは。
四国の旅以外は
雨にたたられています。
雨男になってしまいました。
こっそりと行くとよいのかもしれません。

前に話をしていました
大台ケ原の源流のツアーに
申し込みをしました。
楽しみです。
雨が多く、一気に秋に突入ですね。
気候の変わり目、体に気を付けて下さい。
セラ吉
2018/09/12 22:49
のんさん、こんばんは。
今度の台風21号は怖かったですよ。
1週間経ち、知人の家も被害が出ています。

紀の川に舟を使う渡しは、ビジネスとは
ならないのでしょう。
前の熊野古道を歩きたくなりました。
セラ吉
2018/09/12 22:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
母なる紀ノ川に架かる橋 ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる