≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 四国の旅

<<   作成日時 : 2018/11/19 22:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 6

みなさん、こんばんは。
今回も7月に行った旅で、この後にしまなみ海道を渡り尾道に行った事を取り上げる予定です。
パソコンを使えるようになった60歳過ぎからネットでホテルを予約できるようになりました。
早割というシステムもあり、日を先に決めます。その当日が悪天候でも関係なしです。
本文でも書きますが、これをアップすると大いに迷惑だと思われる方もいらっしゃいますでしょう。旅に出る数日前に中四国の方が凄い雨に見舞われ、行く先々で惨場を目にして辛かった。
7月10日の朝は絶好のお天気で、まずセラをホテルにお願いに行き和歌山港に行きます。

何故四国かという方もおられるでしょう。四国はほとんど廻っていますが、足摺岬には行っていませんでした。最重要地区です。それとご近所の方で、南海フェリーの乗船券の割引券を頂きました。その優待の期日もあり、前回も書きましたが家内の49日の仕上げも終わり、周囲の方からゆっくりとドライブをするのもよいというアドバイスもありました。

画像

和歌山港から湾外に出たところです。バックには最初にボランティアをするようになった高津子山”が見えます。案外海からは写していないので嬉しかったものです。右側は双子島です。

まさかと思いその間は写真がありません。徳島港に着き、四国の高速道路の方に走らせます。昼食用にと思いコンビニに入りました。余裕があったのか人のよさそうな店長と話をしました。やはりよそ者に見えたのでしょう。お構いなく聞きました、「ここから足摺り岬までどのくらいかかるでしょうか?」「ニュースをお聞きではありませんか?先日の雨で高知県の方には通行止めになっているようです。少し時間が経過しているからジャンクションで分るでしょう。」

やはりだめでした。川之江ジャンクションの手前で、止められました。やはりここでも足摺岬の方に行く時間と道を聞きました。はっきりとは言いませんでしたが通行止めで、一般道を走っても5〜6時間はかかるでしょう。高速道路を下り一般道を走りある公園に車を留めました。

まず足摺岬のホテルに電話をしました。徳島のコンビニで電話をした時は、昼ごろで、海側を走ると思っていたのでしょう、ホテルマンは「到着時間が遅くなっても構いません。お気をつけて。」今度は別の方でしたが、「川之江からですが道がないようです。部屋のキャンセル料金は後日お払いします。大変失礼しました。」ホテルマンも出来た方で「大変でしょう!特別なことですから追加は頂きません。」
今度は翌日宿泊予定の道後温泉のホテルに電話をする。「予定が狂いまして、今日も宿泊をお願いでしませんか?」2ヶ所の電話もよく聞こえまして、相手の方も「結構ですよ。孫の迎えの時間ですから、表でいます。」ほっとしてやっとトイレを使いました。

画像

この時にはカーナビも頗る順調で、1時間くらいで着きました。あまり大きい声で言えませんがホテルとは名ばかりの所ですが、お孫さんと表で待っていて迎えてくれました。我が家の男の孫と同じ年長の女の子で、早速部屋まで冷たいお茶とお菓子と案内のパンフレットを持ってきてくれました。

画像

画像

画像

ここは宿泊した夏目ホテルのすぐ横にあり、早速お詣りに行きました。
伊佐爾波(いさには)神社です。詳しい略歴は省略です。夏祭りの準備が行われていました。

画像

画像

画像

画像

画像

道後温泉は有名ですから、読者の皆さん方に説明する必要もないかと思います。私も何度も来ていますがゆっくい写真を撮ったのは初めてです。足摺岬がダメなので、明日の宇和島城までアップしようと思います。

画像

画像

画像

今回のドライブでは私はダイハツタントを利用しました。家内が10年前に買った車ですが、傍についていき交渉しました。まさかそんなことになるとも思いませんでしたが、値切ったのでカーナビは又それより古い代物でした。何とホテルを6時過ぎに出ましてナビを信じて走らせました。すると高知県の県境と思われる道や狭い県道を知らせてくれます。離合も困難な道もあり上にアップした写真も地図には載っていません。ここまで来たらもうやけっぱちでぶつぶつ言いながら走らせました。道の駅で買った食料も余裕がなく食べませんでした。上の写真のように明るくなったり広くなったり、又狐や狸が出てもおかしくない道もありました。

画像

やっと宇和島城の駐車場に着き、ほっとしたところです。多分昼前だったかな!

画像

画像

上の写真は藩老桑折(こおり)氏の武家長屋門で現在は東門として利用されています。

画像

画像

画像

画像

画像

写真は説明する必要もないと思います。現存する12天守の一つに数えられている天守は国の重要文化財に指定されています。
宇和島城は伊達十万石の城下町と言われ、慶長元年から6年にかけて藤堂高虎が築いたお城と言われています。ここの城は横道を見たりわずかな場所に入ったりしても天守閣は三重三階ですから見て回るのは早く済みます。登城する時に切符売りともぎりと案内を兼ねた初老の紳士と話をしました。紀州和歌山から来たというと喜んでくれまして別に伊達家の資料も頂きました。学者肌ですが話し相手が欲しかったのでしょう。そこで私は同じように和歌山城の支藩に当たる伊予西条の松平家の事も聞きました、伊予西条藩のお城はありませんが、城跡に確か学校があると思います。ありがとうございます。早速明日行きましょう。

松山までの帰りは表で仕事をしている若いガードマンの方に聞きました。「松山城に行きたいのですが高速道路はありませんか?」すると彼が教えてくれました。「この道を500b位走りますと松山方面行の乗り口があります。1時間くらいで行けるでしょう。」
よかった。ところが高速道路に乗ると、今度は燃料計はEランプが点く。リッター10`は走るだろうから目をつむって走らす。無事松山市内で給油できました。ありがとうございました。
続編は次に書きますが、断水がまだ続いていました。
今回どこでも旅の資料を頂きましたが、アップできませんでしたので、見ながら書きました。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん 台風被害の直後の度だったんですね。早割りは便利が良いですが、状況が変わり過ぎると困りものですね。道後温泉の本館、良いですね。(^^♪
y&m
2018/11/20 03:23
先週、四国レオマ旅、大歩危川下り、祖谷渓谷のかずら橋、紅葉綺麗🎵
四国旅✨一周🍀足摺岬は、ジョン万次郎の碑🈶はやさかさんの記念碑、宇和島🏯、神社立派❤
八十八か所巡りしたいと、思ってます🎵西国33か所は、満願、掛 軸、おいずる用意🈶
翔女
2018/11/20 07:33
y&mさん、おはようございます。
朝早くから有難うございます。
昨晩寝ようと思い部屋に入ると、
セラが私の布団の上で寝ているでは
ありませんか?
怒るとちびりますので、
なだめて出てもらいました。
寒くなると、犬も一緒なんですね。
足摺岬には、再度挑戦します。
セラ吉
2018/11/20 09:56
翔女さん、おはようございます。
北海道から、まるで全国を
まわっておられますね!

お元気そうで何より。
四国がこんなに広いとは思いませんでした。
次は山陰かな?
セラ吉
2018/11/20 10:11
セラ吉さん、こんばんは~♪
大変な時期に旅行されましたね。
自分で運転しての一人旅など運転苦手の私には到底できないことです。
でも一人旅は男のロマンですので機会をみて鉄道旅に出かけたいと思っています。
のん
2018/11/21 21:55
のんさん、おはようございます。
今はカーナビが素晴らしいので、
どこにでも大丈夫です。
今回の旅は2泊3日ですが
金額の半数以上は高速道路代です。
どこの方とも話をしましたが、
良い方ばかりですね。
後編は苦労しました。
セラ吉
2018/11/22 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
四国の旅 ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる