≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 母なる紀ノ川に架かる橋

<<   作成日時 : 2018/08/20 23:03   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 6

まだまだ暑い日が続くようですね。
あとすこしエアコンと仲良く付き合っていきましょう。

かつらぎ町から紀ノ川市の粉河町に入り2回目です。
前回の珍しいお名前の橋(おおづおおはしとおうづはしは珍しい名前で覚えて頂いたでしょう。)

まず取り上げます藤崎頭首工(ふじさきとうしゅこう)は紀ノ川の右岸と左岸を繋がっていない
大堰と言います。

画像


     ”藤崎頭首工(ふじさきとうしゅこう)
                   型式:  部分稼働
                   目的:  農業灌漑用
                   所在地: 紀ノ川市(那賀町)
                   堰長   212.2b


こちらの堰は先日書きました”小田井大堰”よりも実用的でかつ効果的な堰だったようです。
その時にも書きましたが、語り部の紙芝居の中では”小田井の堰から岩出市までの33`を
大畑才蔵氏や井沢弥十兵衛氏達が作り上げました”と申し上げました。
色々な角度から改めて勉強しますと、”藤崎から岩出までの距離が一番効果があったような
気がします。大台山系の凄い雨量の紀ノ川の水を、流れを止めるのではなく、上手い具合に分散して大事な水を活かした気がします。

画像


画像


上の写真は左岸よりに撮影しました。下は右岸よりからですが橋としては繋がっていません。



画像

画像


 
        ”新竜門橋(しんりゅうおうもんはし)”

                   型式:     桁
                   橋脚P     5

                   所在地:    紀の川市(粉河町)
                   施工年:    2002年(H14年)
                   橋長:      454.0b
                   幅員:      10.25b


画像



         ”竜門橋(りゅうもんはし)
                   型式:     トラス7連
                   橋脚P     6
    
                   所在地:    紀の川市(粉河町)
                   施工年:    1955年(S30年)7月
                   橋長:      442.5b
                   幅員:      4.5b

画像

水量は安定していまして、また流れも穏やかでした。暑い時期でしたが、腰まで川に入り長い
竿を自由に操っておられる方がいましたが成果は如何?


画像

橋の名前で連発して出てきました竜門橋は、言うまでもなく竜門山に登る人が使った橋です。
ここでちょっと話題を替えまして、私がかって語り部として和歌山城でお客さん達を案内したところに”松の丸”という櫓があった場所に案内した時に、語らせて頂きました。

「紀州にやってこられた和歌山の3番目の藩主は徳川家康公の10番目の息子(頼宣)さんです。
小さい時からオヤジの住む駿府城から本場の富士山を見て育ったことは言うまでもないでしょう。又紀州の竜門山と申しますと紀ノ川の右岸の方に見える(紀州富士ともいわれる)山
でしたので、若い藩主の頼宣公はこの紀州富士と言われる山を見て、
両親に暖かく育てられたことを思い出したことがおありだったのでしょう。
よくこの松見櫓から東側を見に来られたと言います。今と違いまして30`先の竜門山や
元その先も見えたかもしれません。
若殿の独り事『おとうさん!おかあさん僕は紀州で頑張ります!』         続く









テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん、おはようございます~♪
なにげにセラ吉さんのブログを開けてみると、何ととっくに再開されていましたね。
母なる紀ノ川に架かる橋も復活して継続されていますね。
一つ一つの橋を詳細かつ丁寧に取材されていますね。
凄いです!
落ち着かれたら語り部クラブの方にも復帰してくださいね。
のん
2018/08/21 10:56
のんさん、こんばんは。
長い間お世話になりました。
後少し頑張ります

宮原小町さんにも宜しく!
セラ吉
2018/08/21 20:31
セラ吉さん お暑い中、ご苦労様です。灌漑用の取入れ口って、どうも仕組みが分かりません(笑)。現代だと簡単にポンプで吸い上げなんでしょうが、昔はどうしていたんでしょうね?。
y&m
2018/08/22 07:59
川一つのテーマで、追うことは、素敵😃大河の一滴
紀ノ川の源流は、吉野、大台が原?以前ワカヤマシ主催のげんりゅう巡りで、川上村に行きましたよ☀
龍門山ー懐かしい
登山🍀粉河寺のさんしょぼ飴🍭
紀ノ川紀行は、完成(^_^)いつ?
残暑に気を付けて、ファイト✊‼
翔女
2018/08/22 09:59
y&m さん、こんにちは。
おっしゃる通り後でも堰は出て参ります。
やはりどこでもポンプはないですね。
多分量の問題がありそうです。

時々出て参ります”ギャグ”を
使いたいと思っています。
セラ吉
2018/08/22 12:52
翔女さん、こんにちは。
書き始めた時は、大台ケ原の
源流を考えていませんでした。

ご指摘があるようですので、
少し涼しくなってから、見に行こうと思います。

高校時代山岳部で登った最初の山が
今回の竜門山です。
懐かしいです!
セラ吉
2018/08/22 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
母なる紀ノ川に架かる橋 ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる