≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 紀ノ川に架かる橋1

<<   作成日時 : 2018/01/17 14:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 10

 今回から”紀ノ川”に架かる橋を中心にして、その両サイドの町や気がついた事を書いていきたいと思います。ご存じの通り水は昔の人々の生活に欠かせません。自然の恵みを受けた”紀ノ川”流域に人が集まるのは自然のスタイルです。流れを変えたり増水したりして人々を苦しめることもありましたが、必ず周辺の人々はその都度頑張ってきました。

今回は和歌山県を流れる”紀ノ川”に架かる橋ではお隣の奈良県の五條市に架かっている橋です。番外編というといささか辛いので、今回は二つの橋をとりあげます。

画像

”紀ノ川”の上流にやってきて川を見て喜んでいる男です。次作よりこのような男がどこかで現れますが、見逃してください。映画をよく見る方は「ヒッチコック監督」が自作の映画の中で必ずどこかに出ていたのを思い出す方もいらっしゃいますでしょう。   あれです!

画像

五條市に架かっている橋で”御蔵橋(みくらはし)”と言います。和歌山県から二つ上流に架かる橋です。

今回は五條市に敬意を表しまして、調べたことを書いていきたいと思います。

画像

古い時代は別にして、奈良時代からは朝廷のあった都から五街道の一つの南海道が通っていました。都から南下して吉野川に着き、そこから舟で西の和歌山に下った聖武天皇の行幸
は有名です。一般の役人は馬を使い、各駅で馬を変えたり休憩しながら加太へ。
それから舟で淡路島、徳島・伊予の方に移動したことでしょう。
五條市は言うまでもなく海上交通と陸上交通の基点となっていました。江戸時代には一時期直轄領にもなっていました。多くの人が交わり幕末には”天誅の乱”もあり、一躍名が全国区となったこともあります。人口も昭和40年代初めには4万人を超すくらいで間違いなく奈良県の南の押えでした。条と書いたり條になったりしますが、分り易く言いますとこの場所から五つの方角に大きい街道が通っていましたと言う印です。時期が悪く頓挫しましたが、新宮市に鉄道を走らそうという”五新(ごしん)線”鉄道もわずかに作っただけでしたが名残はあります。

画像

画像

画像

御蔵(みくら)橋から上流を写しましたのと下流の方面を写しました。この辺りになりますと割と緩やかです。又水も大変綺麗です。

画像

和歌山県の直上流の橋で”阪合部橋(さかあいべはし)”です。五條市は何度か周辺の町村と合併をしますが、
南北には広く東西にはあまり広くありません。その関係でしょう、”紀ノ川”(吉野川)に架かる橋も5ヶ所だけです。でも全部は廻れませんでした。

画像

画像

画像

出来たら川辺に降りようと試みましたが、年を考えてやめました。橋の右岸からと左岸から写しました。見えにくいかもしれませんが大きい国土交通省の看板には”紀ノ川”と書きその下に吉野川と書いていました。

画像

まだ和歌山県の橋本市に入っていませんが、慣れないので疲れます。   続く

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 57
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん、こんばんは~♪
シリーズ「紀ノ川流域の歴史と文化をたずねて」始まりましたね。
楽しみにしています。
橋の名前等、仮名を打っていただくとありがたいのですが・・
日曜日の夕方からダウンしています。
インフルエンザではなかったのですが、高熱と下痢で長引きそうです。
のん
2018/01/17 19:57
のんさん、こんばんは。
寒さと、孫さんとのお付き合いでしょうか?
うっかりしていました。
直に書きましょう。
でも紀ノ川は長くて凄い川です。

私はダウンする前に寝ています。
暫く無理をせず、お大事にして下さい。
セラ吉
2018/01/17 21:17
こんばんは。
シリーズ始まりましたね
私はブログ記事を声を出して読みました私も橋の名前等々、ルビをふって
頂けると有難いかなです。
ご無理をされずに続けて下さいね。
ゴンマック
2018/01/17 23:03
ゴンマックさん、こんばんは
少し思い込みが強かったようですね。

分りました!見て頂ける方の気持ちになり、
振り仮名を打ちましょう。
少し生暖かいのが気持ち悪いです。
でもストーブは放せません。
初当りを願ってビギナーズラックを
狙いましたが、見事に外れました。
貴女の運を頂きたいものです。
セラ吉
2018/01/18 00:23
セラ吉さんこんにちは
暖かい日が続きますね。
聖武天皇の玉津島行幸 の道程を
称徳天皇も歩まれたそうですが
進みて 紀伊国の伊都郡に至ると
されてます。
私は 奈良から 歩いて 3日かかった
と思ってましたが、船に乗られたのですか
また 教えてくださいね。

紀ノ川の源流を辿り 先は 大台ケ原まで
行かれるのでしょうか ロマンですね。
ローズ
2018/01/19 13:52
冒頭の写真は、三脚持参?それともカメラマン随行?
ヒッチコックを見習って^^なんですね。
顔を真っ黒にして、横顔にするとフムフムとなりますよ。

五條は、この場所から五つの方角に大きい街道が通っていたと言う事ですか。
これはフムフムで、読者を引き込む良いとっかかりになりますね。
五條市の人口は31,709人(平成29年3月31日現在)とあり、ギリギリ市として運営できる水準です。
もっと合併して、市域を広げた方が良いですね。

疲れときは、リポビタンD〜^^)
アルクノ
2018/01/19 20:15
ローズさん、こんばんは。
良いアイデアを頂きました。
最後は大台ケ原の山に登り、
ここが紀ノ川の源流ですよ
というポーズで三脚でパチリ。

私の思い込みだったのかな!
奈良から和歌山(紀伊)へは
南に下るという事を、
五條の紀ノ川と思いました。
次はやっと橋本です。
セラ吉
2018/01/19 21:30
アルクノさん、こんばんは。
今ではもう同行者はおりません!
久し振りに三脚を建てると、
珍しく車が通り慌てました。
最近はリポビタンDはあまり
見かけません。
相変わらず好調ですね!
来週は目標を立てて橋本へ
行ってきます。
暫くお付き合いのほどを・・・。
セラ吉
2018/01/19 21:35
こんにちは。
紀ノ川上流の五条市に行かれて、山河や橋の観光をされた様ですね。奈良県では吉野川と言う名称に変わります。紀ノ川は川幅も広くて水量も多い川だと思います。車で国道168号線を通って大川橋を渡り十津川や新宮に行ったことあります。紀ノ川とその周辺の景色を懐かしく拝見しています。
華の熟年
2018/01/23 12:20
華の熟年さん、こんばんは。
寒くなりましたね。
私にしては息の長い大作を考えています。
1年をめどにあちらこちらを勉強中です。
走られたR168号線は景色の良い所ですが、
大雨や何かでよく片側通行になりますね。
今でしたら紀伊水道の海側の方が
早いので使います。
橋本市も魅了的な市ですね。
ご期待ください!
セラ吉
2018/01/23 22:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
紀ノ川に架かる橋1 ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる