≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 車駕之古址古墳ウォーク

<<   作成日時 : 2017/12/16 23:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 6

ハーイ!セラの家の管理人です。

今日取り上げます車駕之古址(しゃかのこし)古墳ウォークは、1月前にありましたウォークです。私の住む西庄から直東に2`近く行った所にあり、仲間の方が声をかけてくれました。
どこでも固有名詞は読みにくいのと、パソコンでアップする時にも迷います。私は度々書いていますので、パソコンの方も知ってくれています。
もう一度言いますとタイトルの名は、しゃかのこしこふんと言います。
改めて説明しますと、今から1700年前から1400年前にかけて築かれた有力者の古墳です。
県内最大規模の古墳で、しかも埋蔵物に金の勾玉が出土しました。わずか1.8p位の長さですが、ほかでは出土したという記録がなく当時朝鮮半島の新羅の古墳等に数例見られます。
車駕之古址古墳の主と目される有力者が、朝鮮半島の有力者と交流があったことを伺わせます。現在はNPOしゃかのこしと言う会がこの公園を管理していまして、集合場所になります。風が少しありましたが、絶好のウォーク日和です。

画像

予め申し込みをされていた60名弱になる方が集まりました。しかもこの日は、和歌山市教育委員会文化振興課の方がお見えになり、出発前に車駕之古址古墳で発掘された遺品を見せて頂き説明してくれました。(金の勾玉はありません。)

画像

画像

実は語り部クラブでも5年前にこの界隈をウォークしています。近い所では3月にも紀ノ川の北岸にある遺跡をウォークしていますが、プロの方の説明は初めてでした。
10時半頃から各パーティーは15名位の方を連れて東西に分かれて出発します。

画像

私の受け持ちは東側にある釜山古墳からスタートします。古い話ですが私の持論を申し上げましょう。昔は間違いなく自給自足でした。そのためには海の幸と山の幸が必要です。それに水は言うまでもありません。紀ノ川の流れが今と違っていたのは、想像しにくいですが奈良の都から舟で下ってきた記述もあり、時の権力者との往復もありました。道路の方では同じように奈良の都から五街道が走っていて、この傍を走っています。有力者が存在する条件が満たされているのが、一目瞭然です。この地域に大きい古墳が3つ存在します。

画像

画像

先発で出られた岩田さんのパーティーと出会い、情報を頂きました。この梅原の在所の檀家寺の得号寺が近日中に解散、廃寺なるというのです。町内の方が少なくなった事と住職の高齢化によるという事で、内部の秘仏を見せて頂きました。参加者も惜しみ、交互に鐘をつきました。阿弥陀如来さんも大勢にお詣りしてもらいびっくりされた事でしょう。

画像

大年神社でUターンします。   次は今は個人の方の屋敷になっていますので、外から説明します。江戸時代、3代目和歌山城の藩主だった徳川頼宣公から
隠居所として贈られていた場所で、その中にある井戸水で筆を洗ったといういわれがある。梅原と言う場所あったので李 梅渓と言う名を使ったという。

後最初の車駕之古址古墳の傍を通ると、トイレと言う名目で5名の方が抜けられる。10名を切る方を案内しますのでペースが速くなりまして、写真は撮れません。
谷釜地蔵は南海道の辻にあります。道分け地蔵、道祖神として有名です。

続いて高橋克己博士の住居跡に参ります。現在は跡形もなくあるのは石碑だけです。
理研ビタミンの名称で栄養剤として商品化され、当時の日本人には大きな助けとなった商品です。1924年腸チフスに感染して、32歳の若さで亡くなられました。

画像

帰り道先発の岩田さんと合流して、茶臼山古墳を案内して元の車駕之古址古墳公園に戻って参りました。

画像

西コースを案内された泉さんが今日の案内の復習として、有吉佐和子さんの作である
助左衛門四代記の紙芝居をされていまして皆さんもうなずいておられました。

画像

帰り道前から名前は聞いていたのですが、行ったことのない北山大権現を教えてもらい行きました。入り口を少し間違えましたが、やっとたどり着きました。

画像

画像

紀伊続風土記によると1111年の東大寺文書にも、北山大権現の事が記録されている。幸運を授かる荒神を祀って一願成就した者は数多くあったという。
所があちらこちらを歩き調べましたが、公にお詣りしたのは平成2年以降なく荒れ果てていました。鳥居も少し押すと倒れそうでした。地元の有力者の名も見られましたが、寂しい限りでした。少し西に行った所にある木本八幡宮は我が家の氏神ですが、どこでも薄れていくようです。間違いなく昔この地域は一大勢力があったことは偲ばれます。
        セラ吉3

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん、おはようございます~♪
得号寺が廃寺となった後、立派な須弥壇と阿弥陀様の仏像はどうなるのでしょう?
いろんな所に立ち寄りながらお客様をガイドするウォークは方向音痴の私には務まりません。
お客様をとんでもない所へお連れしてしまいそうです。
のん
2017/12/17 07:45
のんさん、おはようございます。
前にのんさんも一緒に歩いた時はありましたが、
名物の駕籠もなくなっていました。

本山と檀家総代とお寺さんが
少し前から決められたようです。
道は往復の一本道です。
加太、雑賀崎とともに、
アピールしたいと思います。
セラ吉3
2017/12/17 09:53
セラ吉さんこんばんは
しゃかのこしウォークお疲れ様
このコースは見所、聞きどころ
満載で 話にも熱が入ります。

何せ天下様二人も攻めて来られ
家臣も超一級の武将ばかり
絵になりますね。当時の人には
申し訳ないけど・・・

古墳時代・戦国時代・明治から昭和と
どこをきりとっても 話がつきない
語り部冥利なコースです。

前会長が二ヶ月前から準備してくれた
円墳に咲いたカミソリ草
今回一番の収穫です。
来年もできたら いいのにね。

セラ吉さん 柚子楽しみです
できれば 9時30分ぐらいに
お茶でもしましょ。








ローズ
2017/12/17 19:30
ローズさん、こんばんは。
このコースを来年暖かくなった頃、
木本八幡宮からか
大年神社からか歩こうと思います。
わいず倶楽部のコースに推薦します。
思い切って府県境の石碑を
見てもらいたいと思います。
セラ吉3
2017/12/17 21:39
数年前、古墳巡りで、行きましたよ🎵
金印が発掘され、開発がストっぷされ、公園になり保存😃金印は、
和歌山市立博物館に🈶
古墳巡り、偉人ービタミンの高橋博士、有吉佐和子の生家🎵
春に、歩くのは、絶好☺
今年も、語り部活動、ご苦労様
ブログ
楽しませて頂き有難う😆💕✨
翔女
2017/12/18 09:42
称女さん、こんにちは。
もう行っていましたか?
この地区は少し地味ですが、
日本の歴史・和歌山の歴史が
埋もれています。
また機会があればご一緒に歩きましょう。
セラ吉3
2017/12/18 12:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
車駕之古址古墳ウォーク ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる