≪セラの家≫

アクセスカウンタ

zoom RSS 友ヶ島の研修

<<   作成日時 : 2017/08/15 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 6

ハーイ!セラの家の管理人です。

最近語り部クラブの研修が多いでしょう。5月に新会長と新しい執行部が出来まして、第4期の若い方々の活動の場を広げるために行っています。
特に友ヶ島は最近バスツアー等で来られる方が多く、会員の一部に偏らないようにしましょうと言う会長の指示もありました。7月の最後の月曜日は天気も良くコンディションは上々です。今日はガイドをするのではない私的なツアーですから、9時の船に乗るために8時過ぎに集合です。ですから名札もユニフォームもなし。船の関係者は知っていますが、特別に優先してくれません。今日は先週に引き続いての研修ですが延べ33人の方が島に渡っています。

画像

この2回の研修の大きい目的は2つありました。 まず大勢のお客さんが来られますと、足の丈夫な方ばかりでなないのでトラブルになることもあります。そのために時間配分を考えるという事です。もう一つは島内には信号はありませんが道はいくつもあります。まず左右のどちらのコースを取るか、分岐点ではどの道を行くか、安易な過剰サービスにならないようにしましょうと言う事で皆さん方の時計を再確認しました。

画像

画像

加太港には早く集まりました、夏休みに入っていましたので乗る方は多かったと思います。
仲間の方々ですが、許可を得ておりませんから圧縮をさせて頂きました。

画像

画像

画像

友ヶ島の野奈浦港です。ここで今日のメイン講師の癘{さんから説明があります。まずトイレです。島内には、こちらと第三砲台の手前と蛇ヶ池の3か所と思って頂いてよいでしょう。実は私も友ヶ島には5年前から集中して案内しています。どこでも来いと言った感じですが、やはり
行動の枠がありますと安心します。添乗員さんとでセイフティーをモットーにして行動します。

画像

画像

画像

コースは東側の方から歩きます。こちらは無人島ですから、道は舗装されておりません。慌てると滑ることが多いので、特に下り道には注意しましょう。最初に言われた時間は大事なので、皆さん方もきっちりと時計を見て自分のペースを考えておらました。それとやむを得ずに
トラブルがあった時にはその対処法も教えて頂きました。

画像

画像

ほとんどのバスのツアーで中心となる第三砲台跡にやってきました。ここまで30分。将校宿舎跡、発電所跡、弾薬貯蔵庫跡、銃弾砲発射台跡等があり間違いなく友ヶ島の中心です。
しかもこのレンガ造りの佇まいがアニメの”天空の城ラピュタ”のモデルになったとかで、若い方々のネットの情報で大勢の人が観光に来られています。来られる時期が4月の終りから5月の初めでしたら”ウラシマ草”という珍しい花にも会えるでしょう。

画像

画像

銃弾砲の発射台から少し危ない階段を上がった所で詳しい説明を聞きます。必ず懐中電灯を複数持参する事、島内では一番危険な階段だから一人一人に注意を促すことです。

画像

こちらはコウノス山の(119b)頂上にある一等三角地点です。全国の代表的な場所に1000ヶ所作られています。この島の特殊性がお分かり頂けると思います。

画像

画像

ここはすぐ隣に降りた大展望台です。少し霞んでいましたが、淡路島、神戸市、関空等が見ることが出来ました。かなり暑くなってきました。

画像

元の野奈浦港に戻ってきまして昼食を頂きます。本来のガイドの研修はここで時間等の関係で終わりです。でも折角友ヶ島に渡ったからという事で私的な勉強会に移ります。

画像

朝とは反対に西側の方に歩きます。民宿がありここでクジャクに会える可能性が高いです。
蛇ヶ池です。こちらは普段時間の関係で来ることは少ないのです。でも知っておいて大事な場所です。珍しい植物が多く見ることができます。

画像

画像

画像

こちらは第二砲台跡です。本来なら第三砲台と共に両方見てもらいたい場所です。こちらは島内で唯一海に面しているところで、紀淡海峡の防衛には重要です。私達がお客さんを案内する時間が1時間半しかないと、どうしても外さざるをえません。この砲台も海の塩水との関係で浸食が著しく危険になってきました。はたしていつまで見ることが出来るか心配です。

画像

今回のメンバーです。それとこの機会に改めてお礼を申し上げたいと思います。
中島会長、癘{ガイド隊長、それともう一人は友ヶ島のエキスパートで、今度の2回の研修の中心的な働きをして頂いた小畑GMにはお世話になりました。GMは私が作った造語で、総合部長とでもお考え頂けたら結構です。この後船で加太港に帰りました。ところが語り部さん達は熱心ですね!船が動かなかった時に使うサブコースの深山要塞の方に勉強に行かれたそうです。私は孫のお守りの時間があり失礼しましたが、間違いなく鉄壁の布陣です。
              セラ吉3

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
セラ吉さん、おはようございます~♪
今回の研修のようにガイドコースの確認と留意事項を実際に現地を回りながら情報共有することは大変良いことでしたね。新人だけでなくベテランの方も皆参加されてとても良かったです。
のん
2017/08/16 10:49
セラ吉さん こんにちは
友ヶ島研修お疲れ様

始めて見る映像もありました。
美しい自然  歴史と
友ヶ島はいうこと無しですね。

私も案内はしないつもりですが
友ヶ島行ったことがないので
次回の研修に参加したいと
思います。

ローズ
2017/08/16 12:36
のんさん、こんにちは。
20人近くの方々が友ヶ島のガイドを
されるわけですから、私の時代は終わりました。

9月に深日港から船で淡路島に渡ります。
懐かしい由良から友ヶ島を見てきます。

実家でのお盆お疲れさんでした。
セラ吉3
2017/08/16 17:19
ローズさん、こんにちは。
月が替わっても暑いですね。
よく5年間友ヶ島で頑張りました。

もう爺には縁がなくなりました。
若い方が頑張ってくれるでしょう。

時間制限はとても無理です。
セラ吉3
2017/08/16 17:23
おはようございます。
この様な研修があること事を知りませんでした。
夏が一番多いので案内が大変ですね。
2年前の友ヶ島、懐中電灯と虫除けスプレー、これが必須でした。
帰りの船に乗る時に案内を受け、もし満員で乗れなくてもお客さんが居る限り、増便してでも船で帰って頂きます。
と言われ、安心した事を覚えています。
歩き回るのは大丈夫ですが、野宿だけはしたくない。
それだけを案じていました。
アルクノ
2017/08/20 09:07
アルクノさん、おはようございます。
友ヶ島の魅力は何と言っても
無人島だからよいのですね。
不便さを売りものにするわけではありませんが、
皆さん方の住まれている所にはないものです。

逆に私ももう10年若ければ
島のキャンプ場で月と星を見るでしょう。

船が増えましたので、
帰りの事は心配しなくて良いと思います。
貴方の都合が良ければ、
東端の虎島に渡りませんか?
セラ吉3
2017/08/20 10:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
人気ブログランキングへ
友ヶ島の研修 ≪セラの家≫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる